teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. シャネル偽物財布(0)
  2. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  3. ブランド激安市場 bag53(0)
  4. ブランド激安市場 bag53(0)
  5. iphone4sケース(0)
  6. bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag(0)
  7. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(0)
  8. bag37.com→人気贅沢品(0)
  9. 腕時計 bag37.com (0)
  10. バッグ、アクセサリー、日用雑貨等のブランド品の輸出入業(0)
  11. ぽろりっ(0)
  12. 全力全開(0)
  13. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全13)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 4月 1日(金)22時34分22秒
返信・引用
  2015年11月03日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2015年』→『庚申酒場』をご覧下さい。
 
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月31日(木)00時02分6秒
返信・引用
  2016年03月30日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『晩ご飯 ~松隣~』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月30日(水)22時07分53秒
返信・引用
  2016年03月29日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『ラーメン ~ますや食堂~』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月30日(水)22時06分21秒
返信・引用 編集済
  2016年03月29日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『晩ご飯 ~ますや食堂~』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月30日(水)20時35分8秒
返信・引用
  2016年03月28日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『晩ご飯 ~安田製麺所~』をご覧下さい。
 

掲載画像数が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月29日(火)00時50分38秒
返信・引用
  ホームページ『追浜からの贈り物』の掲載画像数が、
66,000枚を突破しました。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月29日(火)00時49分4秒
返信・引用 編集済
  2016年03月28日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『研修 Vol.21』をご覧下さい。
 

日産、栃木県に e-NV200 を3年間無償貸与…農作物の集出荷用などに活用

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時49分3秒
返信・引用
  日産自動車は3月25日、栃木県に電気自動車(EV)『e-NV200』を無償貸与すると発表した。

日産は昨年9月、より良い街づくりや行政課題の解決等の一助となる活用方法を考案した自治体に、e-NV200を3年間無償貸与し、同車を活用してもらう取り組みを発表。昨年末より順次貸与を始めている。

栃木県では、2010年より「EV・PHVタウン構想」に基づき、EVの導入促進や充電インフラの拡充に取り組んでおり、この取り組みの一環として、産・学・官共同で農村地域における再生可能エネルギーを利用したEVの活用方法等を調査・検討する「スマートビレッジモデル研究事業」を推進している。

今回貸与するe-NV200は、「クリーンであること」「静粛性が高いこと」「多量の電気が供給できること」といったクルマの特長を最大限発揮し、農村地域における農作物の集出荷用として使用するとともに、電動農作業器具や園芸用ハウスの天窓開閉の電源としても活用する予定だ。
 

JXエネルギー、県内3か所目のSS一体型水素ステーションを福岡空港近くに開所

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時47分59秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月25日、福岡県糟屋郡志免町の「Dr.Driveセルフ福岡空港店」に水素ステーションを開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、昨年開所した「Dr.Driveセルフ八幡東店」、今月8日に開所した「Dr.Driveセルフ伊都店」に続き、同社として福岡県において3か所目のサービスステーション一体型水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所したDr.Driveセルフ福岡空港店を含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計35か所となる。
 

クラリオン『Full Digital Sound』の可能性を徹底検証…その3 サウンドプロセッサーの実力

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時46分53秒
返信・引用
  今、もっとも注目を集めているカーオーディオ・システムの1つ、クラリオン『Full Digital Sound』。この期待の大物について、その先進性の中身を連載で掘り下げている。当回は、音楽信号処理をつかさどる“サウンドプロセッサーの実力”について、深く切り込んでいく。

これまでの記事では、クラリオン『Full Digital Sound』における注目点として、“フルデジタル”であることによってもたらされる恩恵、つまりは“高音質&省電力”についてと、システム的な“汎用性&発展性”について検証してきた。それらに加えてもう1点、注目すべきポイントがある。それは“サウンドプロセッサーの調整能力”だ。

カーオーディオがここまで発展したのは、デジタルシグナルプロセッサー(DSP)の発達があったからこそでもあるのだが、『Full Digital Sound』では、その部分もさらに磨き込まれている。

何がどのように進化しているのか、開発者の方々にじっくりとお訊きしてきた。取材に対応してくださったのはこれまでの記事と同様に、クラリオン 技術開発本部 コア技術開発部 音響システムGに所属する、岩崎 豊さん、石川貴夫さん、坂根圭太さん、武藤 慧さん、中島文彬さんの、計5名のエンジニアの方々だ。


■クラリオン独自の伝統的技術と革新的技術とを融合させて、『Full Digital Sound』は完成された。

ところでクラリオンはかつて、ハイエンド・アンプレスセンターユニットの名機、“9255シリーズ”を擁していた。それらは多くのカーオーディオフリークたちから高い支持を得ていたのだが、その1つである“DRZ9255”にも、高度なDSPが搭載されていた。今回の『Full Digital Sound』には、その技術が活かされているのだろうか。

岩崎「もちろん活かされています。『Full Digital Sound』の“Z3 フルデジタルサウンドプロセッサー”では、入力される音楽信号を96kHzにアップサンプリングしますが、それはまさに、“DRZ9255”に搭載されていた技術です」

石川「ちなみに岩崎は、その“9255シリーズ”の初代モデルから設計に関わっていたんです。その事実においても『Full Digital Sound』は、“9255シリーズ”の直系だと言えますね(笑)」

坂根「クラリオンは、デジタルチューニングをいち早く取り入れたブランドの1つです。今やハイエンド・カーオーディオにおいて不可欠な機能となっている“タイムアライメント”も、“9255シリーズ”の前身である、93年に発売した“ADDZEST PRO”にすでに搭載されていました。そこから脈々と培ってきた技術が、『Full Digital Sound』にはしっかりと注入されているんです」

なるほど『Full Digital Sound』とは、クラリオン伝統の技術と革新的技術との融合で生まれたシステムでもある、というわけだ。

さて、そのDSP技術は『Full Digital Sound』となり、どう進化しているのだろうか。

武藤「1つ目の進化ポイントとして、スマートフォンやタブレット端末でコントロールできることを挙げたいですね。“Z3 フルデジタルサウンドプロセッサー”と端末をUSBケーブルで繋ぐことで、リスニングポジションに座ったまま、音を聴きながら手元で調整可能です」

中島「操作性の高さにも自信を持っています。直感的に扱えるんです。指でなぞることでイコライザーカーブを描けたり、ドラッグやフリック操作でも扱え、操作感はとても快適です」

では、機能面ではどうなのだろうか。

武藤「ハイエンド・カーオーディオユニットとして、トップクラスのスペックであると自負しています。まずイコライザーですが、通常のイコライザーでは隣接するバンドとの干渉が起こります。例えば1kHzを持ち上げたとき、その前後の周波数帯もそれに影響されて持ち上がってしまうんです。しかし高精度のFIRフィルターを用いた当システムでは、それが起こりません」

岩崎「通常のイコライザーでは隣接するバンドとの干渉を考慮しながら調整する必要があるのですが、“Z3 フルデジタルサウンドプロセッサー”ではその必要がないのです」

石川「またイコライザーは、各chごと個別に調整することが可能です。“ch独立31バンド”、というわけです」


■独自の音響テクノロジー“Intelligent Tune”の機能も多彩に搭載。

その他の調整項目に関しては、どうなのだろうか。

坂根「タイムアライメントは、1ステップ0.7cm刻みで調整できます。十分な細かさが確保できていると考えています。クロスオーバーのスロープは、最大で-72dB/octまで選択可能です。相当に急峻なスロープも選べますから、思いどおりにサウンドをコントロールしていただけるのではないでしょうか」

ところでクラリオンは、独自の音響テクノロジーである“Intelligent Tune”を持っている。『Full Digital Sound』ではそれらも搭載されているのだろうか。

中島「イコライザー、タイムアライメント、クロスオーバーを詳細に調整できますので、“Intelligent Tune”のすべてを搭載する必要はないのですが、以下の機能は『Full Digital Sound』にも盛り込んであります。まずは、圧縮音源の高域信号を再生成して補完する“サウンドリストアラー”、そして、重低音の倍音成分を付加して、スピーカーで再生できない重低音を増強する“バーチャルバス”」

武藤「さらには、音源から抽出したサラウンド成分によって臨場感の溢れる音場を創り出す“バーチャルステージエンハンサー”、そしてもう1つ、“Intelligent Tune”の新たな機能である“トーンフィルター”も搭載しています。これはホームオーディオのパワーアンプに搭載されている“シミュレーター”のような機能で、応答性や残響音の成分を変えて音色を色づけするものです。これらも、お好みに応じて、気分に応じて、楽しみながらお使いいただきたいですね」

ハイエンド・DSPとして高性能であり、さらにはエンターテインメント的な機能も多彩に搭載している“Z3 フルデジタルサウンドプロセッサー”。独特の快適な操作性も有し、本当の意味での“ユーザーフレンドリー”な、完成度の高いプロセッサーとなっていると見て良さそうだ。プロにとっては使い応えがあり、ユーザーにとっては楽しめる、まさしく“マルチ”な一品に仕上がっている。

クラリオン『Full Digital Sound』は、コントロール性能においても、十二分に革新的なシステムなのだ。

さて、次回は当連載の最終回だ。そこでは、デモカーの詳細なインプレッション・リポートをお贈りするとともに、(株)イース・コーポレーションが主催した先の『イースセミナー&ショー2016』の会場でその音を確認した、実力プロショップのコメントもご紹介していく。乞うご期待。
 

JXエネルギー、都内初の移動式水素ステーションを板橋区に開所…全国33か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時45分16秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月24日、東京都板橋区に「東京板橋水素ステーション」(移動式)を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、同社として都内初の移動式水素ステーション。また、昨年度に開所した「八王子高倉水素ステーション」「東京杉並水素ステーション」、今月開所した「東京目黒水素ステーション」「Dr.Driveセルフ潮見公園店」に続き、同社として都内5か所目の水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所した東京板橋水素ステーションを含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計33か所となった。

なお東京板橋水素ステーションは移動式で、水曜日・金曜日の13時から15時のみの営業となる。
 

日産の英国工場、キャシュカイ の生産能力を引き上げ

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時43分59秒
返信・引用
  日産自動車は3月23日、英国工場における『キャシュカイ』の生産能力を引き上げると発表した。

キャシュカイは、日産の欧州市場における主力SUVかつ最量販車。顧客の同車に対する需要が、年々増していることから、日産は英国サンダーランド工場で、キャシュカイの増産に踏み切る。

具体的には、日産がサンダーランド工場に、2200万ポンド(約35億円)を投資。製造ラインを改修し、2017年からキャシュカイの生産台数を増やす。

キャシュカイの年産台数は、30万台と記録的な水準。サンダーランド工場では、毎分1台のキャシュカイを生産している計算。

欧州日産の生産担当、コリン・ロウザー上級副社長は、「初代キャシュカイが2006年、クロスオーバーセグメントを創出した。キャシュカイは現在、躍動感あるデザイン、エキサイティングな動力性能、革新的な技術などの面で、欧州の顧客にとってのベンチマークであり続けている」と述べている。
 

【ニューヨークモーターショー16】日産 GT-R に2017年型、570馬力に強化

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時41分48秒
返信・引用
  日産自動車は3月23日(日本時間3月23日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『GT-R』の2017年モデルをワールドプレミアした。

現行GT-R は、2007年10月に発表。ほぼ毎年、確実な進化を遂げてきた。今回、デビュー8年を経て、ニューヨークモーターショー16では、2度目の大幅改良を受けた2017年モデルが登場している。

2017年モデルでは、3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを、さらに強化。最大出力は570psと、従来比で20ps引き上げた。日産によると、よりフラットなトルクカーブを実現しているという。

米国仕様の上級グレード、「プレミアム」には、チタン製のエグゾーストシステムを採用。アクティブノイズキャンセレーションとアクティブサウンド技術と相まって、不快な音を消しつつ、刺激的なサウンドを演出した。

内外装も変更。外観は、Vモーショングリルをやや大型化し、エンジン冷却性能を向上。このグリルには、新しいメッシュパターンと、マットクローム仕上げが施される。ボンネットも空気の流れに配慮した新形状で、高速走行時の安定性を高める。

室内は、フロントシートが新デザインで、ホールド性と快適性を向上。スイッチ類の数は、27から11へ減らし、操作性を引き上げた。パドルシフトはステアリングホイールに移設され、ステアリングホイールから手を離すことなく操作できるようにした。
 

JXエネルギー、神奈川県10か所目の水素ステーションを伊勢原市に開所…全国32か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時40分43秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月23日、神奈川県伊勢原市に「伊勢原岡崎水素ステーション」(移動式)を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、同社として神奈川県において10か所目、伊勢原市初の水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所した伊勢原岡崎水素ステーションを含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計32か所となる。

なお伊勢原岡崎水素ステーションは移動式で、水曜日・金曜日の15時から17時のみの営業となる。
 

JXエネルギー、埼玉県6か所目の水素ステーションをさいたま市見沼区に開所

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時39分8秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月22日、さいたま市見沼区に「さいたま見沼水素ステーション(移動式)」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、「Dr.Driveセルフ大和田店」「Dr.Driveセルフ春日部中央SS」「Dr.Driveセルフ狭山根岸店」「越谷神明町水素ステーション(移動式)」「さいたま緑水素ステーション(移動式)」に続き、同社として、埼玉県において6か所目の水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所したさいたま見沼水素ステーションを含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計31か所となる。

なお、さいたま見沼水素ステーションは水曜日と金曜日の12時から14時の営業となる。
 

JXエネルギー、愛知県5か所目の水素ステーションを刈谷市に開所…全国31か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時37分37秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月22日、愛知県刈谷市に「刈谷井ケ谷水素ステーション」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、昨年開所した「Dr.Driveセルフ三好ケ丘店」「Dr.Driveセルフ岡崎羽根店」「Dr.Driveセルフ神の倉店」、今年3月に開所した「安城尾崎水素ステーション」に続き、同社として愛知県における5か所目の水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所した刈谷井ケ谷水素ステーションを含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計31か所となる。
 

日産の欧州販売4.5%増、4か月ぶりに増加…2月

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時36分12秒
返信・引用
  日産自動車の欧州法人、欧州日産は3月11日、2月の欧州市場における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は5万7382台。前年同月比は4.5%増と、4か月ぶりに前年実績を上回った。

2月実績を市場別で見ると、ロシアが7471台を売り上げ、1月の3位から首位に浮上。フランスが7404台でこれに続いた。以下、ドイツが6407台、イタリアが6085台、英国が5840台。

車種別の2月実績では、SUVが販売を牽引。『キャシュカイ』が1万9589台と、引き続き最量販車に。『ジューク』も7644台と支持された。以下、『エクストレイル』が6603台、『マイクラ』(日本名:『マーチ』)が5390台、『ノート』が3050台。

日産の2月の欧州での市場シェアは、4.1%。前年同月の4.4%に対して、0.3 ポイント減少した。

日産の2015 年の欧州市場における新車販売台数は、過去最高の74万8171台。前年比は3.3%増と、2年連続で前年実績を上回っている。
 

会社役員、サーフィン、車中泊…あらゆる現場に対応、 NV350 キャラバンの展開ベース

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時35分7秒
返信・引用
  日産が3月に大磯で実施した小型商用車(LCV)全ラインナップ公開で、1月にマイナーチェンジが施された『NV350キャラバン』の外装・内装の展開版となる「クロムギア パッケージ」(スーパーブラック)と「トランスポーター」(ホワイト)が展示されていた。

クロムギア パッケージは、「バン DX スーパーロングボディ ワイド幅 ハイルーフ 低床 6人乗り 4ドア」「バン プレミアムGX ロングボディ 標準幅 標準ルーフ 低床 5人乗り 5ドア」などに設定されるシリーズで、ブラックメッキグリル・バックドアフィニッシャー、バイキセノンヘッドランプ、装備専用電動格納式リモコンメッキドアミラー、専用15インチアルミホイール、専用本革巻3本スポークステアリング、専用防水シート地などが組み合わさる。

こうした差別化モデルのユーザーは、「貨物車に見られるのを好まない人たちがオーダーする。たとえば役員クラスの会社幹部も乗せてルート営業や商談にまわるとか。クライアントに見られても、取引先相手を乗せてもそん色ない外観・インテリアを求めるユーザーに受けている」と話していた。

クロムギア パッケージよりもカジュアルで機能性を重視したトランスポーター(約296~388万円)は、アウトドアスポーツでの利用シーンを想定したモデル。後部フロアは、撥水性に優れた床張り(合板)+ロンリュームを採用。ノンスリップのバックドアエンド部は、腐食に強いアルミ仕様とした。ギアを載せたあとに汚れをさっと拭き取ることができる。

また、展示されていたトランスポーターには、オーテック扱いオプションのベッドシステムも組み込まれていた。合板とウレタンでできたベッドマットは、フラットで軽く、心地よい固さで耐久性も確保。「1800×1510mmという広さで、車中泊ニーズの拡大とともに注目されている。それから、サーフィンや釣りといったアウトドアやスポーツの人口が増えているというわけではないけど、意外にも独身女性からの問い合わせも少なくない」と話していた。
 

日産 マーチ 後継モデルか…ベースはあのコンセプトカーでは無かった!?

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時33分30秒
返信・引用
  日産のハッチバック・コンパクト、『マーチ』の後継モデルと思われるプロトタイプの捕捉に初成功した。

マーチ後継モデルに関しては、ジュネーブモーターショー15で次世代ハッチバックとして初公開されたコンセプトカー『スウェイ』がベースとなると噂されてきたが、比較するとかなり違和感があるようだ。

「Vモーション」グリルはワイドになっており、バンパーのエアインテークもそれほど大きくはない。ヘッドライトも吊りあがっておらず、スウェイほどアグレッシブなフロントマスクではないようだ。

リアを見るとリアゲートに食い込むコンビランプは似ている可能性があるものの、ルーフライン、リアウィンドウなどのデザイン処理も異なっており、全体的なサイズもスウェイよりコンパクト。結論を言えば、マーチ後継モデルはスウェイとは異なる、独自のデザインとなりそうだ。

予想されるパワートレインは、1.2リットル3気筒ターボ。ワールドプレミアは2017年秋頃が期待される。
 

日産の小型商用車、グローバル展開モデルが大磯にズラリ …「コア事業に成長」

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時32分7秒
返信・引用
  日産は、2013年夏に「2016年までにLCV(小型商用車)分野のリーダーとなる」と宣言してから2年半が経った3月、大磯でLCVオールラインナップを公開。グローバル市場ではコア事業に成長し、日本市場ではLCV構成比が年々増加していることを実車展示とともに伝えていた。

日産のLCV(Light Commercial Vehicle)の歴史は、80年前に登場したダットサン『10T』をルーツに、バンやピックアップ、タクシー、トラック、SUV、バスなどに派生展開され、現在に至っている。2011~2016年度を対象とした中期経営計画「日産パワー88」(グローバル市場占有率8%、売上高営業利益率8%)には、インフィニティ事業と小型商用車(LCV)事業の拡大が盛り込まれていた。

この中期経営計画から具現化された車種のひとつが、『リーフ』に次ぐ同社のEV『e-NV200』。製造はバルセロナ工場、最終的な品質チェックなどが追浜工場で施されるかたちで2014年秋から全国で発売された。

大磯ロングビーチの会場では、『NV200バネット』やe-NV200、1月にマイナーチェンジした『NV350キャラバン』のガソリン・ディーゼル各車、海外販売モデル『タイタン』『ナバラ』、さらに実証運行などが重ねられた『e-NT400テストトラック』などの展示・試乗が実施された。

同社販売のLCV割合は2014年実績で、南アフリカで63%、中東・湾岸エリアで57%、メキシコで23%、南米で22%を占めるとし「グローバル市場でLCVはコア事業に」と伝えた。また、日本市場では2013年度16%から2015年度4~1月20%へと拡大し、「LCV構成比は年々増加している」と付け加えた。
 

JXエネルギー、水素製造出荷センターが完成…首都圏ステーションに供給

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時30分40秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月18日、同社の首都圏水素ステーションに水素を供給する「水素製造出荷センター」を本牧事業所に開所した。

水素製造出荷センターは、LPGを原料に水素を製造。水素は圧縮機で昇圧され、蓄圧器で蓄え、水素トレーラーや移動式ステーションに充填する。水素トレーラーは水素ステーションへ水素を供給、また移動式ステーションは運用場所へ向かい、FCVへの水素の充填を行う。

今回の水素製造出荷センター開所により、首都圏における「製造」「輸送」「販売」の効率的かつ安定的な水素供給サプライチェーンが構築される。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。 これまでに東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、京都、大阪、福岡に29か所の水素ステーションを順次開所し、水素販売を開始している。
 

日産、本社ギャラリーの車内ストリートビューを公開…最新モデルやヘリテージカーなど31車種

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時29分38秒
返信・引用
  日産自動車は、3月18日から日産グローバル本社ギャラリーの展示車31車種の車内ストリートビューを公開した。

本社ギャラリーでは、現行車につながるものや技術的革新をもたらしたもの、モータースポーツで活躍したもの、歴史上エポックメイキングなものなどを「日産ヘリテージカー」として大切に保管している。

今回公開した車内ストリートビューでは、先進技術を搭載した最新モデルのほか、1953年製ダットサントラックやケンメリ GT-Rなどヘリテージカーまで、31車種を紹介。自由に動かせる360°のパノラマ写真を通して、世界中の誰もが疑似体験できる。
 

ルノー、ロシア専用 キャプチャー を投入へ

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時27分41秒
返信・引用
  フランスの自動車大手、ルノーは3月16日、ロシア市場に新型『キャプチャー4×4』を投入すると発表した。

キャプチャーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー13でデビュー。ボディサイズは全長4120×全幅1770×全高1570mm。ルノーの小型クロスオーバー車として登場した。

キャプチャーは、200mmのロードクリアランスを確保し、悪路走行に対応。欧州仕様の搭載エンジンに関しては、ガソリンとディーゼルを用意した。ディーゼルの場合、CO2排出量は、最も低いモデルで95g/kmと、クラストップレベルの環境性能を実現。キャプチャーはルノーのスペイン工場で生産されている。

今回、ロシア市場への投入が発表されたのが、新型キャプチャー4×4。ルノーは、「モスクワ工場で生産し、欧州での販売計画はない」と説明していることから、ロシア専用のキャプチャーになる見込み。

ルノーは、キャプチャー4×4の予告イメージを配信。詳細については、「3月末に公表する」と説明している。
 

【ニューヨークモーターショー16】日産 GT-R、最終モデルイヤーを初公開か

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時26分13秒
返信・引用
  3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16。日産自動車が同ショーにおいて、現行『GT-R』の最終モデルイヤーを初公開する可能性が出てきた。

これは3月16日、日産自動車の米国法人、北米日産が明らかにしたもの。「日産は報道関係者に、ニューヨークモーターショーの特別なティーザーを配信する」と発表している。

配信されたティーザーイメージは、『GT-R』の後ろ姿。現行GT-Rは2007年10月、東京モーターショー07で発表。すでに、デビューから8年が経過した。ニューヨークモーターショー16では、現行GT-Rの最終モデルイヤーが初公開される可能性がある。

なお、日産自動車のプレスカンファレンスは、3月23日(現地時間)に行われる。
 

JXエネルギー、さいたま市に県内2か所目の移動式水素ステーションを開所

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時25分6秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月17日、さいたま市緑区に「さいたま緑水素ステーション」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、今月11日に開所した「越谷神明町 水素ステーション」に続く、埼玉県内2か所目の移動式水素ステーション。また、昨年度開所したサービスステーション一体型の3か所とあわせ、同県で5か所目の水素ステーションとなる。営業日は毎週火曜日および木曜日。営業時間は12時から14時。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。「さいたま緑水素ステーション」も含め、同社の開所済み水素ステーションは合計29か所となる。
 

日産自動車、なでしこ銘柄に4年連続で選定

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時23分45秒
返信・引用
  日産自動車は3月17日、同社が女性活躍推進に優れた上場企業「なでしこ銘柄」に選定されたと発表した。

なでしこ銘柄は、経済産業省が東京証券取引所と共同で2012年度より選定、発表しているもので、今回はこれまで東証一部に限っていた選定対象を、東証二部、マザーズ、JASDAQの上場企業にも拡大して行われた。同社の選定は、なでしこ銘柄選定開始以来4年連続となる。

今回の選定では、女性の管理職比率を2017年までに10%とすることを目標としたキャリア開発支援や、商品開発段階で女性の意見を反映する取り組み、仕事と家庭の両立サポートなどが高く評価された。
 

自工会会長に日産の西川副会長が内定

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時22分30秒
返信・引用
  日本自動車工業会は3月17日の理事会で、次期会長に現在副会長を務める日産自動車の西川廣人副会長兼CCO(チーフ・コンペティティブ・オフィサー)の就任を内定したと発表した。5月19日の理事会で正式に選任される。

西川氏は1953年生まれで、77年に日産に入社。2003年常務執行役員、05年副社長を経て13年にCCOに就き、15年から副会長兼務となっている。自工会会長はトヨタ自動車、ホンダ、日産から輪番で就任する慣行となっており、任期は2年。5月まではホンダの池史彦会長が務める。
 

JXエネルギー、東京都初のSS一体型水素ステーションを江東区に開所…全国28か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時21分5秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月16日、東京都江東区の「Dr. Driveセルフ潮見公園店」に都内初となるSS一体型水素ステーションを開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。同社の開所済みステーションは、合計28か所になる。
 

日産、強靭化大賞 優秀賞を共同受賞…e-NV200 を活用した災害対応訓練

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時19分50秒
返信・引用
  日産自動車は3月16日、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」にて、東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)およびオートモーティブエナジーサプライ(AESC)との共同による、電気自動車(EV)を活用した災害対応訓練に関する取り組みが、教育機関部門で「優秀賞」を受賞したと発表した。

ジャパン・レジリエンス・アワードは、次世代に向けたレジリエンス社会構築を目的に、全国各地で展開されている強靭化(レジリエンス)に関する先進的な活動を発掘して評価し、表彰する制度。第2回となる今年度は、強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発などを実施している全国の企業・団体による応募の中から、入賞した117件が表彰された。

日産は従来から「EV for レジリエンス」という考えのもと、「自助(個人やオフィス)」「共助(コミュニティ)」「公助(社会)」の3つの軸で、EVが防災・減災に果たせる役割とその可能性について、関係各機関と協力しながら検討・実証を重ねている。

日産はこの考え方に基づき、IRIDeSおよびAESCと共同で、『e-NV200』およびポータブル蓄電池を非常用電源とした災害対応訓練を昨年11月26日に実施。訓練に活用したe-NV200は、最大1500Wの電力を供給できる「動く蓄電池」としての機能をもっており、今回の受賞では、同訓練においてその有用性と災害時における実践的活用を実証したことが高く評価された。
 

【春闘16】日産、ベア相当分3000円の満額回答…年間一時金も要求どおり

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時18分25秒
返信・引用
  主要産業で2016年春闘の集中回答日となった3月16日は自動車業界でも経営側から相次いで回答が提示された。日産自動車では独自の交渉方式である「平均賃金改定原資」としての9000円の要求に満額回答が出た。

このうち賃金改善(ベースアップ=ベア)に相当する部分は3000円であり、要求どおりの回答となった。昨年の平均賃金改定原資は1万1000円の満額回答だった。ベアの実施は3年連続となる。

一方、年間一時金は225万5100円が回答された。組合側の要求であった賃金改定後の基準内賃金の「5.9か月分」に相当する金額であり、こちらも満額回答だった。昨年の妥結水準である5.7か月分(216万7600円)を0.2か月分上回った。同社の一時金の満額回答は4年連続。

西川廣人副会長兼CCOは回答について「全従業員が力を合わせ、日本事業の競争力強化など厳しいチャレンジで成果をあげているのが大きな背景だ。賞与を含めた年収ベースでは昨年同様に3%を超える水準となり、社会的な要請にも応えている」とコメントした。
 

日産、沖縄県に e-NV200 を無償貸与…超小型モビリティによる実証事業も実施

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時17分14秒
返信・引用
  日産自動車は3月15日、沖縄県に電気自動車(EV)『e-NV200』5台を無償貸与するとともに、同県および琉球日産自動車と共同で、超小型モビリティ認定制度を活用した実証事業を行うと発表した。

日産は昨年9月、より良い街づくりや行政課題の解決等の一助となる活用方法を考案した自治体に対して、e-NV200を3年間無償貸与し、同車を実際に活用してもらう取り組みを行うことを発表し、昨年末より順次貸与を始めている。

沖縄県では2010年より「EV・PHVタウン構想」に基づき、EVの導入促進や充電インフラの拡充に取り組んでおり、今回貸与するe-NV200 5台は、平和祈念公園内の循環バス、環境保護活動、災害時の非常電源など様々な場面で活用される予定だ。

また、今回開始する超小型モビリティ認定制度を活用した実証事業では、日産の『ニューモビリティコンセプト』を使用し、都市部における新たな交通手段としての活用事例を創出していく。
 

日産、モナコ宮殿に2台の e-NV200 を納車

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時15分32秒
返信・引用
  日産自動車は3月14日、モナコ宮殿に2台の『e-NV200』を納車した、と発表した。

e-NV200は、多目的商用バンの『NV200バネット』をベースに、EVパワートレインを組み合わせたモデル。日本国内では、2014年10月に発売された。

EVパワートレインは、『リーフ』用が基本。モーターは最大出力109ps、最大トルク25.9kgmを発生する。二次電池は、蓄電容量24kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大190km走行できる。

日産は今回、2台のe-NV200を、モナコ宮殿に納車。モナコ宮殿では、環境負荷を減らす取り組みを推進しており、公用車にe-NV200を導入することにつながった。

欧州日産のポール・ウィルコックス会長は、「リーフとe-NV200を発売し、スマートかつグリーンなモビリティの実現に向けて、先頭に立ってきた。欧州全域で電動化への切り替えが進んでいるのは、喜ばしいこと」と述べている。
 

日産の米国販売、10.5%増の13万台…2月の新記録

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時14分22秒
返信・引用
  日産自動車の米国法人、北米日産は3月1日、2月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、2月の新記録となる13万0911台。前年同月比は10.5%増と、6か月連続で前年実績を上回った。

日産ブランドは2月の新記録の12万0540台で、前年同月比は12.9%増と、6か月連続で増加。乗用車系では、主力車種の『アルティマ』(日本名:新型『ティアナ』)が、2万8320台。前年同月比は0.5%減と、5か月連続のマイナスとなった。『セントラ』は2万0599台を販売。前年同月比は34.2%増と、6か月連続で増加した。『ヴァーサ』は1万2249台で、前年同月比は2.9%増と、2か月ぶりに増加。2015年6月に新型を投入した『マキシマ』は、前年実績の2.3倍の5222台と、5か月連続のプラス。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、2013年12月にモデルチェンジした小型SUVの『ローグ』(『エクストレイル』の兄弟車)が、2月の新記録の2万1561台を販売。前年同月比は0.7%増と、19か月連続で増加した。小型ピックアップトラックの『フロンティア』は、11.9%増の6834台と2か月連続で増加。新型を投入した『ムラーノ』は、85.9%増の7445台と好調が続く。

インフィニティブランドは、前年同月比11%減の1万0371台と、2か月連続で減少。主力の『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)は3364台を売り上げ、前年同月比は7.8%減と、2か月連続のマイナス。SUVの『QX60』も、前年同月比8.5%減の2730台と、2か月連続で減少した。『QX50』(日本名:『スカイラインクロスオーバー』)は、改良新型モデル投入の効果で、前年実績のおよそ8倍の1396台と大幅増。

日産自動車の2015年米国新車販売は、前年比7.1%増の148万4918台。新記録を打ち立てている。
 

【ジュネーブモーターショー16】ルノー セニック 新型、自動ブレーキ全車標準…欧州小型MPV初

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時13分5秒
返信・引用
  フランスの自動車大手、ルノーは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、新型『セニック』を初公開。同時に、同車の詳細を明らかにした。

初代は『メガーヌ セニック』として、1996年に発表。『メガーヌ』のシャシーをベースに開発した2列シート5名乗りのミニバンは、欧州メーカー初の小型MPVとして大ヒットした。1998年には、日本上陸も果たす。

2003年デビューの2代目は、セニックにネーミングを変更。同時に、ボディを伸ばして3列シート7名乗りとしたグランセニックが、新シリーズとして設定された。2009年3月のジュネーブモーターショー09では、3代目がデビュー。セニックは、2列シート5名乗りだけの設定。3列シートの7名乗りは、グランセニックに用意される。

ジュネーブモーターショー16では、4世代目となる新型セニックが初公開。新型はMPVセグメントの新基準を標榜。室内のさらなるモジュラー化を図り、スライド式センターコンソールや、自動ワンタッチで格納できるリアシートなど、機能性を引き上げた。

また、欧州小型MPVセグメントで初めて、歩行者検知機能付き自動ブレーキシステムを、全車に標準装備。上級の『エスパス』譲りの「MULTI-SENSE」テクノロジーや8.7インチモニター付きの「R-LINK 2」、カラーヘッドアップディスプレイなどが設定されている。
 

JXエネルギー、都内3か所目の商用水素ステーションを品川区に開所

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時10分41秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月14日、東京都品川区に「東京目黒水素ステーション」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、昨年度開所した「八王子高倉水素ステーション」「東京杉並水素ステーション」に続き、同社として都内3か所目の水素ステーションとなる。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回の開所も含め、同社の開所済み水素ステーションは合計27か所となる。
 

ルノー西宮、リニューアルオープン…西日本最大級のショールーム

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時09分4秒
返信・引用
  ルノー・ジャポンと正規販売店契約を結ぶ兵庫日産自動車は3月12日、「ルノー西宮」をリニューアルオープンした。

ルノー西宮は、西宮市の中心街を東西に通る国道2号沿いに面し、自動車ディーラーが多く集まるエリアの中心に位置する。また、JR東海道線 さくら夙川駅から徒歩2分と、公共交通機関でのアクセスにも優れている。

ルノー西宮は、現在ルノー・ジャポンが全国で導入を推進している新しいVIに沿ってリニューアル。内外装ともに白を基調に、ルノーのコーポレートカラーである黄色を効果的に配し、最大6台の屋内展示が可能な西日本最大級のショールームに生まれ変わった。

兵庫日産自動車は、兵庫県において「ルノー西宮」と「ルノー神戸」を運営し、長年にわたりルノー車の販売に携わってきた。今回のルノー西宮のリニューアルにより、さらなる拡販と、これまで以上に質の高いサービスを提供していく。
 

日産自動車「童話と絵本のグランプリ」、入賞38作品を決定

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時07分33秒
返信・引用
  日産自動車は3月11日、大阪国際児童文学振興財団が主催し、同社が社会貢献活動の一環として協賛している「第32回 日産 童話と絵本のグランプリ」の童話と絵本各部門の入賞作品38編を発表した。

同グランプリでは、2015年7月から10月までアマチュア作家を対象に創作童話と絵本を募集。童話2414編、絵本464編、合計2878編の応募作品の中から、童話の部大賞は、愛川美也さん(千葉県)の「日曜日の小さな大冒険」が、絵本の部大賞は横須賀香さん(埼玉県)の作品「ちかしつのなかで」が受賞した。

表彰式は3月13日に日産自動車グローバル本社で開催し、大賞・優秀賞の入賞者には賞金と記念品を、佳作入賞者には記念品を贈呈した。同社は、今回大賞および優秀賞を受賞した作品計8編と入賞者を紹介した冊子を制作し、日産ギャラリーなどで無償配布する。また、大賞受賞作品は、2016年12月にBL出版より出版される。
 

ルノーカングージャンボリー、5月15日に山中湖で開催決定

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月27日(日)01時06分17秒
返信・引用
  ルノー・ジャポンは、『カングー』オーナーが全国各地から集結するファンミーティング「ルノーカングージャンボリー2016」を、5月15日に山中湖交流プラザ・「きらら」にて開催する。参加は無料。

ルノーカングージャンボリーは、2009年にスタートした、カングーオーナーのためのファンミーティングで、今年で8回目の開催となる。2015年の第7回ジャンボリーには、カングー1014台を含む1773台、総勢約3636人が参加した。

今年もステージイベント、マルシェ、フリーマーケットなど、楽しいコンテンツを多数予定している。

参加は無料。カングーだけではなく、ルノー他モデルオーナーや他ブランドオーナーも参加できる。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月25日(金)04時14分45秒
返信・引用
  2015年11月03日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2015年』→『The 44th. TOKYO MOTOR SHOW 2015』をご覧下さい。
 

9号機☆

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月24日(木)15時57分49秒
返信・引用
  運行を終了いたしました。

2013年09月29日~2016年03月24日

000008km~025023km
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月21日(月)23時02分25秒
返信・引用
  2016年03月18日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『寿司・海鮮鮨処 増田屋 Vol.2』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月21日(月)09時09分2秒
返信・引用
  2016年03月16日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『脱走・・・ Vol.26』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月20日(日)21時36分3秒
返信・引用
  2016年01月27日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.27』をご覧下さい。
 

未編集画像数が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月20日(日)07時57分3秒
返信・引用
  残り、2,916枚となりました。  

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月20日(日)07時54分54秒
返信・引用
  2016年03月04日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『道の駅 しんぐう』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月20日(日)04時06分1秒
返信・引用
  2016年02月06日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.28』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月19日(土)21時06分34秒
返信・引用
  2016年03月04日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.33』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月19日(土)18時17分34秒
返信・引用
  2016年03月02日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『引き取りの旅 Vol.37』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月19日(土)02時11分30秒
返信・引用
  2016年02月19日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.30』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月18日(金)22時01分46秒
返信・引用
  2016年02月16日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.29』をご覧下さい。
 

未編集画像数が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月18日(金)15時51分48秒
返信・引用
  残り、3,607枚となりました。  

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月18日(金)07時26分53秒
返信・引用
  2016年01月14日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.26』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月17日(木)23時35分6秒
返信・引用
  2016年03月13日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『出張整備 Vol.7』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月17日(木)20時06分24秒
返信・引用
  2016年03月13日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『出張整備 Vol.6』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月17日(木)18時23分34秒
返信・引用
  2016年03月13日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『出張整備 Vol.5』をご覧下さい。
 

掲載画像数が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月17日(木)14時10分25秒
返信・引用
  ホームページ『追浜からの贈り物』の掲載画像数が、
65,000枚を突破しました。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月17日(木)06時36分30秒
返信・引用
  2016年03月09日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.34』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月17日(木)03時04分14秒
返信・引用
  2016年03月09日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『引き取りの旅 Vol.39』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月16日(水)18時39分9秒
返信・引用
  2016年03月09日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『カレーうどん ~屋島~』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月16日(水)17時28分0秒
返信・引用
  2016年03月09日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『脱走・・・ Vol.24』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月16日(水)01時20分25秒
返信・引用
  2016年03月05日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『持ち込みの旅 Vol.9』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月15日(火)21時03分2秒
返信・引用
  2016年03月05日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『勝っちゃんらーめん』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月15日(火)20時22分19秒
返信・引用
  2016年03月05日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『引き取りの旅 Vol.38』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月14日(月)05時39分29秒
返信・引用
  2016年02月26日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.32』をご覧下さい。
 

JXエネルギー、埼玉県初の移動式商用水素ステーションを開所

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時29分41秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月11日、埼玉県越谷市に「越谷神明町 水素ステーション」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、埼玉県初の移動式水素ステーション。また、昨年度開所した「Dr.Driveセルフ大和田店」「Dr.Driveセルフ春日部中央」「Dr.Driveセルフ狭山根岸店」に続き、同社として、埼玉県において4か所目の水素ステーションとなる。営業日は毎週火曜日および木曜日。営業時間は12時から14時。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回の開所も含め、同社の開所済み水素ステーションは合計26か所となる。
 

クラリオン『Full Digital Sound』はカーオーディオの未来形!? その1 “高音質”&“省電力”

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時27分35秒
返信・引用
  昨年9月の『フランクフルトモーターショー』で初めて発表され、日本においては、2016年1月の『東京オートサロン2016』、2月の『大阪オートメッセ2016』で順次公開。その度に大きな話題を呼んできた、クラリオンの『Full Digital Sound』。

発売予定時期は、4月下旬とされている。徐々にその日が迫る中、当サイトでは2月の中旬に開発者へのインタビュー取材を実行し、このシステムの成り立ちから開発の背景までを詳細にお伝えした。今月はさらに、この『Full Digital Sound』の利点と可能性を深掘りしていきたいと思う。

記事は4回にわけてお贈りする。第1回目となる当回は、『Full Digital Sound』の最大の利点である、“高音質”と“省電力”について、その理由と、もたらされる意義について徹底検証していく。

今回も、『Full Digital Sound』の開発陣に直接お話をお訊きした。対応してくださったのは、クラリオン 技術開発本部 コア技術開発部 音響システムGに所属する、岩崎 豊さん、石川貴夫さん、坂根圭太さん、武藤 慧さん、中島文彬さんの計5名。同社の音響室にて取材は進められた。
 

インフィニティ用の新V6ツインターボ、日産いわき工場で生産開始…405馬力

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時25分31秒
返信・引用
  日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは3月9日、新開発の3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンの生産を日産のいわき工場で開始した、と発表した。

この3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンは、「VR30」型と呼ばれる。インフィンティ『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)の改良新型モデルと、新型『Q60』(日本名:次期日産『スカイラインクーペ』)に搭載される。

このエンジンには、2種類のチューニングが存在。標準版は、最大出力が304ps。高出力版では、最大出力405psを発生する。インフィニティによると、同ブランドのV6エンジンとしては、歴代で最もパワフルという。

日産のいわき工場では3月9日、3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンの生産を開始。このエンジンは、インフィニティ車だけに搭載される。

インフィニティヨーロッパのFrancois Goupil de Bouille副社長は、「新開発のV6エンジンを得て、インフィニティはさらにパワフルかつ運転して楽しい車になる」とコメントしている。
 

日産 キャシュカイ、欧州最多生産車に… マーチ 抜く

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時24分21秒
返信・引用
  日産自動車の欧州法人、欧州日産は3月9日、『キャシュカイ』が日産の欧州最多生産車になった、と発表した。

初代キャシュカイは2007年、英国サンダーランド工場で生産開始。同工場で、175万台以上を生産するヒット車になった。同車は日本市場では、『デュアリス』の名前で販売された。

2世代目の現行キャシュカイは、2013年11月に発表。2月末の時点で、累計64万台以上を英国サンダーランド工場で生産している。

欧州日産によると、初代と現行モデルを合わせたキャシュカイの欧州現地生産台数は、2月末の時点で239万8134台に到達。この台数は、日産『マイクラ』(日本名:『マーチ』)の236万8704台を上回り、日産の欧州最多生産車になった。

キャシュカイの英国サンダーランド工場における累計生産台数239万8134台は、10年以内で達成した記録。欧州日産は、「英国自動車産業の歴史において、累計生産200万台を10年以内の短期間で達成したのは、キャシュカイが初めて」とコメントしている。
 

クラリオン、車両情報システムプロバイダー事業の体制を強化

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時23分6秒
返信・引用
  クラリオンは、車両情報システムプロバイダー事業の体制強化を目的に、インテリジェント・セーフティ事業推進本部を4月1日付けで「セーフティアンドインフォメーションシステム事業推進本部」に改称すると発表した。

クラリオンは、業界に先駆けドライバーの快適・安心・安全なドライブの提供を目的に、自動車向けのクラウド情報ネットワークサービス「スマート アクセス」を2012年6月に構築。クルマと情報を「つなげる」付加価値を提供し、「車載情報機器メーカー」から「車両情報システムプロバイダー」への事業変革を図ってきた。

昨今、自動車業界へのIT業界を含む異業種からの参入、また、自動運転・自動駐車等の運転支援に対する顧客ニーズの拡大など、ビジネス環境は急速に変化。こうした中、「セーフティアンドインフォメーションシステム事業推進本部」の体制強化により、強みである車載カメラや車載情報機器に関する技術、H.M.I(ヒューマンマシンインターフェイス)技術に加え、日立グループが有する高度安全走行システム・通信システムなどとの技術融合により、高度安全走行システム事業での競争優位性を構築し、他社に先んじた事業展開を目指す。
 

日産 片桐隆夫副社長、ニスモとオーテックの社長兼CEOに就任

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時21分52秒
返信・引用
  オーテックジャパンは、4月1日付で日産自動車の片桐隆夫副社長が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する役員人事を発表した。

宮谷正一社長は3月末日で退任し、4月からは同社の顧問に就任する予定。

なお、宮谷社長同様、片桐新社長もニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の社長兼CEOを兼務する。
 

【F1】カルソニックカンセイがマクラーレンのオフィシャルサプライヤーに…開発初期からの密接連携で勝利を

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時20分36秒
返信・引用
  9日、カルソニックカンセイはF1チーム「マクラーレン・ホンダ」との複数年にわたるオフィシャルサプライヤー契約を結び、さいたま市の本社にてマクラーレンとの共同会見を実施した。

総合自動車部品大手のグローバルメーカー「カルソニックカンセイ」は、主にラジエータ等、熱交換器の分野で広く知られる存在で、これまでに関してもマクラーレンは同社の製品(技術)を使ってF1を戦ってきた経緯がある。その歴史の端緒は1992年、最初のマクラーレン・ホンダとしての参戦最終年にまで遡るが、従来はカスタマーだった関係から今回オフィシャルサプライヤー(パートナー)となることの目的や効果について、カルソニックカンセイの森谷弘史社長は「車両開発のコンセプト初期段階から一緒に『ワンチーム』で取り組み、より最適な熱交換器(類)を供給できる」との旨を語っている。

2014年から“パワーユニット新時代”に移行したF1。そのマシン開発競争が熱との戦いともいうべき側面をもって推移してきていることは周知の通りだ。昨年再結成されたマクラーレン・ホンダも初年度シーズン、不本意な成績で終始した要因のひとつには熱の問題があったとされる。そういった背景を考えても、マクラーレンがカルソニックカンセイとの関係を強化したことは極めて理にかなった展開といえよう。

マクラーレンというF1チームは、最初にホンダと組んだ時代(1988~92年)に、ホンダをはじめとする日本系の技術メーカーの能力や姿勢に感銘を受け、以降も日本とは様々なかたちで提携を続けてきている。曙ブレーキやカルソニックカンセイがその最たる例といえるが、“第2次マクラーレン・ホンダ”の2年目開幕を前に、よりジャパンパワーを活かす体制を構築した格好だ。今季こその躍進に期待をかけたいところである。

マクラーレン・レーシングのコマーシャル&ファイナンスディレクター、ジョン・クーパー氏の談話
「我々は日本のエンジニアリングを尊敬していますし、一緒に働けることをエンジョイしてもいます。我々(英国)と似たところも多いと思っています。オープンで、ハードワークもこなすし、そしてなにより継続性を大事にするところがそうだと思います。そして我々は日本の人たちの人間性も、とても尊敬しています」。

マクラーレン・ホンダの出足に注目が集まる2016年F1開幕戦オーストラリアGPは、18~20日にメルボルンで開催される。
 

日立オートモティブ、情報安全システム事業部を新設…自律走行システムなどの開発加速

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時19分15秒
返信・引用
  日立オートモティブシステムズは、自律走行システムなどの高度安全走行システム事業を強化するため、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設すると発表した。

新事業部は、既存のパワートレイン&電子事業部、エンジン&シャシー事業部、走行制御事業部、市販事業部に次ぐ5つ目の事業部となる。既存事業部の最先端製品や日立グループの技術を基に高度安全走行システムを構築し、カーメーカーへの積極的な提案・販売を推進し、事業拡大を図っていく。

自動運転やコネクティッドカーの実用化に向け、次世代ビークルの中核技術が先進運転支援システム(ADAS)から自動走行、自律走行システムへと進展していく中で、情報を活用した高度安全走行システムの技術開発と事業化が中長期的な事業戦略において重要となっている。同社は、新設する情報安全システム事業部により、強みである電子・電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術に加え、日立グループが有する情報・通信システムなどとの融合により、高度安全走行システム事業での競争優位性を構築し、他社に先んじた事業展開を目指す。

情報安全システム事業部は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担う「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」、「システム品質保証部」などで構成。人員体制は約200人でスタートし、今後、適宜拡充を図っていく。
 

【SUPER GT】カルソニックカンセイ、ホシノレーシングのスポンサー活動を2016年も継続

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時17分7秒
返信・引用
  カルソニックカンセイは、2016年度もホシノレーシングへのスポンサー活動を継続し、スーパーGT2016シリーズGT500クラスに参戦すると発表した。

カルソニックカンセイは、1982年からモータースポーツでのスポンサー活動を実施しており、1994年発足の全日本GT選手権以来、今年4月の岡山開幕戦がスーパーGT通算167戦目となる。

同社ではレースシーンでの過酷な環境下でも高性能を発揮する「レース用熱交換器システム」や、ドライバーの熱中症予防としての「レースカーエアコンシステム」の研究を続けており、市販車に搭載される製品へのフィードバック、性能向上に活用している。

同社が支援する星野一義監督率いる「TEAM IMPUL」は、今年3年目となる安田裕信選手、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手のコンビで、シリーズチャンピオンを目指す。
 

JXエネルギー、福岡県2か所目のSS一体型水素ステーションを開所…全国25か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時15分36秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月8日、福岡県福岡市の「Dr.Driveセルフ伊都店」に水素ステーションを開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、昨年12月10日に開所した「Dr.Driveセルフ八幡東田店」に続き、同社として福岡県における2か所目のサービスステーション一体型水素ステーション。ステーションで水素を製造するオンサイト方式の水素ステーションとして営業を行う。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。これまで、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県に24か所の水素ステーションを順次開所し、水素販売を開始しており、同ステーションの開所で、合計25か所になる。
 

日産自動車、e-NV200 を福岡県に3年間無償貸与

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時14分18秒
返信・引用
  日産自動車は3月8日、福岡県に対し、電気自動車(EV)『e-NV200』1台を3年間無償で貸与したと発表した。

福岡県では、屋外での電源供給も可能なe-NV200の特長を最大限活かし、大気中のアスベスト濃度や工場から出る排出ガスの調査、中間処理施設跡の地下水採取に使用するポンプの電源など、様々な用途で活用。走行データや調査に係る電気の消費状況をモニターした結果を報告してもらう。

また、福岡県は県庁舎に急速充電器を設置し、同日より運用を開始。電気自動車の活用と充電インフラの整備により、福岡県内におけるさらなる電気自動車の普及が期待される。

日産は昨年9月に、より良い街づくりや行政課題の解決等の一助となる活用方法を考案した自治体に対して、e-NV200を3年間無償貸与し、同車を実際に活用してもらう取り組みを行うことを発表し、昨年末より順次貸与を始めている。
 

JXエネルギー、横浜市南区に水素ステーションを開所…神奈川県9か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時12分30秒
返信・引用
  JXエネルギーは3月7日、横浜市南区に「横浜南水素ステーション」を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同ステーションは、神奈川県で9か所目、同県の固定式では4か所目となり、圧縮水素を水素トレーラー等で輸送するオフサイト方式の単独型水素ステーションとして営業を行う。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。これまで、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県に23か所の水素ステーションを順次開所し、水素販売を開始しており、同ステーションの開所で、合計24か所になる。
 

日産、「赤ちゃんを泣きやませる」ドライブミュージックを無料配信

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時11分30秒
返信・引用
  日産自動車は、赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」と「パピプペポロリン」を制作し、3月7日より定額制音楽配信サービス「AWA」を通じて無料配信を開始した。

「ココニイルヨ」と「パピプペポロリン」は、放送作家で日産ソーシャルメディアプロジェクト 「にっちゃん情報局」編集長である、鈴木おさむ氏が作詞。全国のママとパパに、赤ちゃんを泣きやませるときや寝かしつけるときに使っているフレーズを募集し、集まった900件以上のことばを参考に、鈴木おさむ氏独自の視点で編集して制作したオリジナル楽曲だ。

楽曲は、赤ちゃんが興味を持ち易いと言われる5000~6000ヘルツの高い周波数を中心に作曲。ドライブ中、赤ちゃんが泣きだしたり愚図ったりしてしまった時にこの楽曲を流すことで、赤ちゃんが泣き止み落ち着く効果が期待できるという。

「ココニイルヨ」は始めに高い周波数の音で赤ちゃんの興味を引き、その後徐々に周波数を下げることで赤ちゃんを落ち着かせ、時間をかけて泣いている状態を沈静化させる。また「パピプペポロリン」は、赤ちゃんの持つ「いろいろな音に反応しやすい」という特性を利用し、赤ちゃんが興味を持つ音で刺激を与え、赤ちゃんを覚醒化し、泣きやませるという。

対象年齢は生後半年から2歳未満を想定。楽曲は、定額制音楽配信サービス「AWA」で無料配信し、その後、日産ホームページ内からも3月下旬より無料でダウンロードできる予定だ。
 

インフィニティ世界販売、過去最高…Q30 発売効果 2月

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時10分5秒
返信・引用
  日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは3月2日、2月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、2月としては過去最高の1万6600台。前年同月比は0.2%増と微増ながら、18か月連続で前年実績を上回った。

市場別では、最大市場のアメリカ(北米と南米)が、約1万1400台と牽引。ただし、2月は前年同月比9%減と、引き続き減少。アメリカに次いだのは、中国。約2200台を売り上げ、前年同月比は16%増と好調を維持する。

また西欧は、約1300台を販売し、前年同月比は208%の大幅増。これは新型プレミアムコンパクト、『Q30』を1月に発売した効果。アジア(韓国と台湾など)とオセアニア(オーストラリアなど)では2月、約500台を販売。前年同月比は22%増と、2桁増を保つ。

インフィニティの2015年世界販売は、過去最高の21万5250台。前年比は16%増。2014年の年間販売台数を上回り、新たな販売記録を打ち立てた。

インフィニティのローランド・クルーガー社長兼CEOは、「『QX30』や新型Q60のような新型車の発売を予定しており、この勢いが続くだろう」とコメントしている。
 

ルノー日産、主要4部門のシナジー強化…新統合プロジェクト開始へ

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月14日(月)03時08分35秒
返信・引用
  ルノー日産アライアンスは3月4日、4つの主要部門におけるシナジーを強化し、さらなる効率性と収益の向上を目指す新たな統合プロジェクトを開始すると発表した。

4つの主要部門とは、研究・開発、生産技術・物流、購買、人事。2014年に統合したこれらの機能はそれぞれ、アライアンス役員が統括している。アライアンスはまた、すでに統合されている4機能をサポートするため、品質および原価管理の機能を一部統合する予定。さらに、アライアンスは、販売・マーケティング、コネクティビティ・コネクテッドサービス、商品企画、アフターサービスや他のサポート機能において、シナジー拡大のためのさらなる機会の創出も検討している。

ルノーと日産は、3月末までに新たな統合プロジェクトを、各々の企業に属する組合など必要な従業員代表組織や会社の意思決定機関に説明を行う。その後、各社における審査、承認のうえ、4月1日より実行する計画。

ルノーと日産は共通の生産方式を導入し、フランス、韓国、インド、ロシアで数々の相互生産プロジェクトを実施。また、ルノーと日産の開発陣は、両社合わせて年間100億ユーロ規模の研究開発および設備投資を有し、ひとつのチームとして、次世代技術の開発における重複を減らすことに取り組む。

アライアンスは2018年に、年間55億ユーロのシナジー創出を目指す。ルノー日産アライアンスのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「急速に進化を遂げる自動車業界において、ルノーと日産は、アライアンスを実用的なビジネスツールとして活用する必要性に迫られている。アライアンスは今後も統合を進め、より緊密に連携していく」とコメントしている。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月13日(日)04時43分37秒
返信・引用
  2016年02月26日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『納車の旅 Vol.31』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月12日(土)04時21分18秒
返信・引用
  2016年02月26日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2016年』→『引き取りの旅 Vol.36』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月12日(土)01時23分30秒
返信・引用
  2016年03月10日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『脱走・・・ Vol.25』をご覧下さい。
 

未編集画像数が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月11日(金)22時30分48秒
返信・引用
  残り、5,138枚となりました。  

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月11日(金)22時21分2秒
返信・引用
  2015年12月31日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『年越しそば 2015年』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月10日(木)21時19分6秒
返信・引用
  2015年12月29日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『脱走・・・ Vol.22』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 9日(水)20時37分31秒
返信・引用
  2016年02月28日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『休日の過ごし方 Vol.13』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 9日(水)15時19分58秒
返信・引用
  2015年12月27日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2015年』→『忘年会 2015年 Vol.3』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 9日(水)04時11分18秒
返信・引用
  2016年03月08日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『休日の過ごし方 Vol.15』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 8日(火)10時12分7秒
返信・引用
  2016年03月07日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2016年』→『休日の過ごし方 Vol.14』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 8日(火)01時45分4秒
返信・引用
  2015年12月24日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2015年』→『忘年会 2015年 Vol.2』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 7日(月)19時58分55秒
返信・引用
  2015年11月13日に実施したOffの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Off』→『2015年』→『忘年会 2015年』をご覧下さい。
 

掲載画像数が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 7日(月)15時07分12秒
返信・引用
  64,000枚を突破しました。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 7日(月)15時05分50秒
返信・引用
  2015年12月28日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『脱走・・・ Vol.21』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 7日(月)03時59分42秒
返信・引用
  2015年12月25日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『引き取りの旅 Vol.35』をご覧下さい。
 

クルマに猫が隠れていた、7人に1人が回答…全国一斉猫バンバン調査

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月 6日(日)21時45分24秒
返信・引用
  日産自動車は、これまで明らかになっていない冬の猫の被害実態を調べるため、2月22日 猫の日に「#全国一斉猫バンバン調査」と題したアンケート調査を実施。その結果を発表した。

「#猫バンバン」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクション。毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発している。日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけている。

調査結果によると、猫バンバンしたときに猫がいた割合は14%。猫がいた場所のトップは車の下で、以下、タイヤのそば、ボンネット上、ボンネットの中、屋根の上の順だった。また、地域別では近畿・中国地方が19%でトップ。以下、関東・中部地方16%、四国・九州地方12%、北海道・東北地方10%が続いた。
 

JX日鉱日石、京都府初の水素ステーションを伏見区に開所…全国23か所目

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月 6日(日)21時43分53秒
返信・引用
  JX日鉱日石エネルギーは3月4日、京都市伏見区の「Dr.Driveセルフ菱川店」に京都府初となるサービスステーション一体型水素ステーションを開所した。

同ステーションは圧縮水素を水素トレーラー等で輸送するオフサイト方式で、圧縮機、蓄圧器(カーボンファイバー複合容器)、冷凍機、充填機などを備える。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。これまで、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県に22か所の水素ステーションを順次開所し、水素販売を開始しており、同ステーションの開所で、合計23か所になる。
 

日産の中国販売、13%減の6.1万台…春節の影響 2月

 投稿者:追浜ガレージ  投稿日:2016年 3月 6日(日)21時42分41秒
返信・引用
  日産自動車の中国法人は3月3日、2月の中国における新車販売結果を明らかにした。商用車や、輸入車、現地合弁の東風日産(一部車種)を含めた2月の総販売台数は、6万1100台。前年同月比は13%減と、6か月ぶりに前年実績を下回った。

従来、日産の中国新車販売は、商用車の販売不振により勢いがなかった。そんな中、中国政府は2015年10月、排気量1.6リットル以下の小型車に対する減税を開始。この効果で、日産の中国販売は回復を遂げた。

10月以降の前年同月比は、10月が16.8%増、11月が21.9%増、12月が15%増と、3か月連続で2桁の伸び率。1月は9.4%増と伸び率がひと桁台となったものの、5か月連続の前年超えを維持してきた。2月の新車販売が13%減と落ち込んだのは、大型休暇の春節の影響。

販売の主力は、引き続き小型セダンの『シルフィ』。同車の排気量は1.6リットル以下で、小型車減税に該当する。

日産の2015年の中国新車販売は、前年比6.3%増の125万0100台。この台数は2013年に次いで、過去2番目に多い台数。また、乗用車に限れば、初めて100万台の大台を超えた。2016年は、前年比4%増の130万台を目標に設定している。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 6日(日)21時40分44秒
返信・引用
  2015年12月24日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『脱走・・・ Vol.20』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 6日(日)01時09分17秒
返信・引用
  2015年12月20日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『忘年会 2015年 Vol.2』をご覧下さい。
 

新しい記事が・・・

 投稿者:Web Master  投稿日:2016年 3月 5日(土)02時19分13秒
返信・引用
  2015年10月21日に実施したDriveの記事が完成しました。

詳しくは、『Report』→『Entertainment』→『Drive』→『2015年』→『引き取りの旅 Vol.28』をご覧下さい。
 

レンタル掲示板
/77